上州男児 大阪へ

ブログトップ

出処進退

「一国の宰相というものはな、自分がやめるその瞬間まで、やめるということを口にすべきもんじゃない。
それを口にすることによって国全体が揺れ動くんだ。外国への影響もある。花道とか、損得とか、そんなものは論外だよ」
「僕はあの法案が通らなかったときに、初めてやめようと決心したんだよ。大事な案件が自分の力で処理できなかったときこそ、やめるべきものさ。政治家とはそういうもんだ。」
[PR]
by goichiga5 | 2012-05-13 16:05 | 政策